くらし手帖 〜甲状腺腫と子宮筋腫〜

甲状腺腫瘍摘出手術、子宮摘出手術をうけました。その備忘録と、その後の生活を綴ります。

子宮筋腫43 術後約4ヶ月検診

術後4ヶ月の診察を受けてきました

あっという間に受診日。
診察と内診をしてきました。
診察では、排尿の際のキレが悪いこと、
腰痛、イライラがひどくなった事を話しました。

腰痛は排卵時のものでしょう、と言われ、
イライラには、抑肝散という漢方薬を処方して試す事になりました。

生理前2週間のPMS(おそらく)の症状は、卵巣機能が逆にしっかり働いてくれているという事だそうです。
血が出ないので、終わりが分からず、スッキリ感がない、というと気持ちの問題かもねーということ。
たしかに、血が出ると、出たースッキリ!という感じはありますが、
大量に出血すると、もうこんなの嫌、鬱陶しいとも思います。
なので、血が出ずスッキリするなら、それが一番いいのですが。うまく付き合えるようになりたいです。

内診は、傷や膀胱は問題ないとのこと。
ただ、痛いです。
前と比べてしまうと、痛みが強くなりました。
内診なんてへっちゃら、と以前は思っていましたが、今は本当にあらゆる痛みに弱くなってしまいました。

歯の痛み、救急車で運ばれた時の腹痛。
脳は痛みを感じる閾値があり、痛みを感じれば感じるほど、痛みに対して敏感になっていく気がします。
昔は痛みに強い方でしたが、年齢的なものもあるのでしょうか…。
痛みに鈍感になりたい。

歯のその後

子宮筋腫の手術前、リュープリン接種2回目から始まった歯の痛み。
神経を抜く治療中に歯の真ん中に穴があき、2分割になった歯。

結論をいうと、最終的に全て抜歯しました。
昨日、残していた一本の根も抜歯してきました。
歯の痛みに耐えて、なんとか残したかった奥歯。その隣の一番奥歯は、横に向かって生えていて、噛み合わないのです。
だから、なんとか噛める奥歯を少しでも残したかった。でもダメでした。

8月初めに根管治療を終え、被せ物をしたら激痛。ひどい痛みの根の方を抜歯。治りが遅くて、お盆休み中痛みで苦しむ事に。

やっと落ち着き、残りの根に銀歯を被せるも噛むと痛い、頭や耳にジーンとくる。そして、抜いた歯の小さい義歯を作るための型取りをしたら、またしても激痛。

手術前の4月、何度も急患で駆け込み、ロキソニンばかり飲み、手術も延期しようかと思うほどだった痛み。
あの時から何度も押し寄せる痛みに、もう諦めがつきました。残しても、いい事ない。
逆に身体に悪い。
身体がもう無理だと言っている。

そしてやっと決心をして、残りの根の歯を抜きに行きました。


出血が止まらない

一度止血されていたはずの傷から、2時間後にまた出血し止まらず、歯科に駆け込み、また麻酔、掻爬と止血をしました。
30分後家に着き、またガーゼを外すと今度はもっと大量に出血。口中血だらけでゾンビみたいになりました。

すぐに電話してまた麻酔と掻爬と、今度は止血ガーゼをいれました。
先生や衛生士さんも驚き、抜歯でここまで出血はしない、別の病気では?と言われました。

麻酔は何度もされて痛くて、骨をガリガリやられて痛くて、辛くて、大人げなく診察中に泣いてしまいました。
あんなに痛みに耐えて、元に戻るかと期待し、何度も落胆し、やっと決意した抜歯なのに、こんな結末があるなんて。
この日ばかりは、辛さを抑える事ができず、人前で辛い姿をさらけ出してしまいました。出血もまた夜中にするのでは、と不安で…。
でも、翌朝先生と受付の方が心配して電話まで下さり、幸い出血も止まったので、ホッとし、温かい気持ちになりました。

今までこんなに出血もした事がないので、怖くなり調べてみると、
甲状腺機能低下症で、粘膜の出血凝固異常があるというものを発見しました。
もしかしたら、関係があったのかもしれません。

そんなこんなで、抜歯2日目の今日ですが、顎は腫れていて痛みもあり、本当に治るのか、痛みや腫れは治るのか、など心配になりますが、
あまり考えず、痛みに耐えたいと思います。また痛みに敏感になってしまう…。

子宮は11月の検診で最後になるそうです。

甲状腺の手術からもうすぐ1年。
自分の身体と向き合う1年でした。
その前に辞めた仕事が、どれほど見えないダメージを身体に与えていたかを知る事になりました。
いや、仕事というより、自分の考え方、感じ方、向き合い方を変えなければいけない、自分の変化の時期。
色んなことを考え直す、大きなきっかけとなった1年でした。
貴重な学びの1年になりました。

長くなりましたが、読んでいただき、
ありがとうございました。

にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ
にほんブログ村