くらし手帖 〜甲状腺腫と子宮筋腫〜

甲状腺腫瘍摘出手術、子宮摘出手術をうけました。その備忘録と、その後の生活を綴ります。

甲状腺腫③ 術後のネガティブな変化

術後の変化

今は術後3ヶ月で術後2週間、2ヶ月後に
甲状腺ホルモン値を測る採血をしました。

結果は、
術後2ヶ月後に基準値を外れ、
TSHの値が術前の7倍程になっています。

このホルモンは、甲状腺刺激ホルモンで、甲状腺ホルモンが出ていない時に高くなるようです。

この値が2桁になったら、チラージンを飲む事になりました。1ヶ月後にまた採血をします。

チラージンを飲む人は数パーセント、と主治医から聞いていただけに、少しショックです。もしかしたら、術後の一時的なものかもしれないので、今後の経過で良くなれば良いなぁと思います。

術後2ヶ月頃から、なんだか手がやけに冷たくなりました
ちょうど冬になったので、そのせいかと思いましたが、体感として寒い。なかなか温まらない感じなのです。

冷えも甲状腺機能低下の症状の1つだと言われました。今はその症状が1番強く感じます。

代謝が悪くなり、体重が増えるとありますが、それは今の所ありません。
あとは、食後や夜に強い疲労を感じる事があります。

今回は、デメリット?といえる術後の変化を書きました。これは、私自身も手術前に不安に思っていた事でした。

ただ、身体も慣れてくれるかもしれない、残された左葉が頑張ってくれるかもしれない。今はそう願っています。
またその後の変化なども、書いていきます。

ただ今は、デメリットよりは
首の圧迫がなくなり、ほっそり首?が戻った事のメリットの方が、大きいかなと納得しています。

息が吸える、喉が詰まらない!

手術を控えた方々も、腫瘍を取る決心をした今が、ベストタイミングと信じて、進んでほしいなと思います。応援しています。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 病気 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村

拙い文ですが、読んでいただきありがとうございます