くらし手帖 〜甲状腺腫と子宮筋腫〜

甲状腺腫瘍摘出手術、子宮摘出手術をうけました。その備忘録と、その後の生活を綴ります。

甲状腺腫⑦ 2日目 手術当日


しばらく 間が空いてしまったので、少し曖昧なところもありますが、思い出しながらかいてみます。

手術予定 午後1時

朝一だと勝手に思っていたら、午後一で2番手の順番でした。

朝食なし。10時以降は飲み物禁止。
点滴のガイドをして、10時以降は点滴で水分補給になりました。

ところが…

待っても待っても 終わらない

前の手術が、予想以上に大変なものだったらしいのです。
4時を過ぎても呼ばれず、喉がイガイガなのに水も飲めず、うがいばかりしていました>_<

呼ばれたのは5時
「先生、疲れてないかしら」
イライラを通り越してそっちの方が気になりました。
夫も朝10時に呼ばれていたので、待ちくたびれて、2人ともあきれモードに。

息子は高校に行っていたけれど、時間がおしたおかげで、手術前にちょうど間に合い、顔を見てから手術室に行くことができました。



手術時間は2時間

5時半頃 手術室に歩いて向かい、帽子をかぶり名前確認、自分で手術台に横になります。
足元が、ヒーターで温められていたのが感動的。

腕に点滴を入れられ頭がガンガンするのと同時に、口のマスクであっという間に意識がなくなりました。

体感時間は15分、実際には2時間の手術で、7時半には病室に戻ってきていました。
切った首は、痛いというか熱い感じがして、親知らずを抜歯した時のような感じでした。

すぐに消灯時間になってしまったので、夫と息子は帰って、もう一度痛み止めの点滴を入れてもらうと、眠ってしまいました。

首自体の痛みはありませんでしたが、首を動かせないので、寝返りが打てない。
夜中は背中が痛くて、ベネクスを入れておいたら、すごく楽でした。

水を含ませたガーゼを 枕元に置いておいてもらっていたので、夜中に何度も口元をふきました。酸素マスクで喉が渇くし、お水も飲めないので、重宝しました。


にほんブログ村 病気ブログ 病気 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村