くらし手帖 〜甲状腺腫と子宮筋腫〜

甲状腺腫瘍摘出手術、子宮摘出手術をうけました。その備忘録と、その後の生活を綴ります。

子宮筋腫45 完結 術後 1年後の検診

毎年ゴールデンウィークになると
手術の事を思い出すかもしれません。
あっという間に1年経ちました。
長かったような短かったような。

お腹の調子は変わりありません。
定期検診に行きました。
手術した大学病院は、半年の診察で終わったので、最初に筋腫が見つかった近所のレディースクリニックへ2年ぶりに行ってきました。
これから毎年、手術した5月を目安に検診を受けようと思います。

結果は内診は異常なし。
左腹の傷付近が痛む時があるのですが、中を見る限りは異常なし。
もしかしたら見えない場所で、癒着がおきているかもしれないと言われました。
多少はあるかもしれません。
便が動く時とか痛いです。

卵巣の腫れもなし。

あと気になっていた、汗がバッと出たり
イライラが酷かったりという症状を話すと、ホルモン検査をして頂けました。

1週間後の結果は、更年期の症状はなく
ホルモンもホルモン刺激ホルモンも正常値でした。漢方薬も出せると言われましたが、今回は様子見で。
甲状腺ホルモンが低下気味なので、そちらの影響が強いのかもしれません。

とりあえず、婦人科系は安心できました。
毎月の血が出ない事は煩わしさがなく、
メリットと思えます。
排便痛の恐怖がなくなった事も良かった。

あと、トイレが近いのは治らなくて、
先生に聞いたところ、巨大な子宮に押されていた膀胱が支えがなくなり、上に上がって調節がうまくいかない事もあるということ。薬も出せると言われましたが、こちらも見送りました。

1年前のゴールデンウィーク、今思えば平成最後の手術入院でした。
歯の治療は未だ継続中で完全に体調が万全とは言えませんが、子宮筋腫に関しては手術でき良かったと思います。

そして手術して不安から解放された事が良かったです。
体力のある時、家族や仕事のタイミングの良い時、など手術の決め手は色々とあると思います。
本人が納得のいく形で決められれば、不安や恐れの先にメリットがあると思えます。

子宮が無くなるのは嫌だった、
今でも子宮が無いのは変に感じる事もある、けれど、
痛みは辛かったし、生活に支障が出ていたので決断して良かったです。
そして、楽になれました。

身体は手術前と全く同じというわけではありませんが、甲状腺ホルモンの影響もあるので、子宮筋腫だけなら、もっと楽かもしれません。

改めて今生活出来ることに感謝を忘れずにいたいなと思った一年後でした。

拙い文ですが、ご覧に頂きありがとうございました。
また何かありましたら、更新するかもしれません。
ありがとうございました。




にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村