くらし手帖 〜甲状腺腫と子宮筋腫〜

甲状腺腫瘍摘出手術、子宮摘出手術をうけました。その備忘録と、その後の生活を綴ります。

甲状腺腫⑩ 退院日と約10ヶ月後の今

一日早めてもらった退院日

5泊6日の入院期間の予定でしたが、4泊5日で退院となりました。

この日は土曜日だったため、会計が普段の窓口で出来ず、救急搬送口での清算になりました。
前もって会計を知らせて貰い、10時に退院。救急口の機械の清算機でカード払いを済ませ帰宅しました。

高校生の時の盲腸以来の、入院手術。
5日間の入院とはいえ、全身麻酔から首を切る手術だったので、
まるで世界が変わったような、本当に新鮮で有難い気持ちで景色を眺めていました。
とにかく早く退院したかったので、
身体はしんどくてもとても嬉しかったのを覚えています。
2回目の時は、病室が快適すぎて、
まだ帰りたくないと思ったんですけどね…。

術後しばらくは、

  • 肺が息苦しくなかなかすぐ歩けない
  • 傷の為に首が回らない
  • うつ伏せから起き上がれない、力が入れられない
  • 運転が出来ない

などの支障がありました。1ヶ月経つ頃には、普通の生活に徐々に戻れたと思います。



10ヶ月後 ホルモン検査をしました

8月終わりに、かかりつけの甲状腺専門病院に1年以上ぶりに受診しました。
術後の経過報告と、子宮手術後の甲状腺ホルモン値が気になっていたからです。

結果は、ホルモンが減っている事を表す、
甲状腺刺激ホルモンTSHが高値でした。

残っている1つで賄うので、ある程度の低下は仕方がないとのこと。
TSHが10を超えたら、チラージンの服用を考えるとの事で、半年に1回の経過観察になりました。

妊娠希望や妊娠中の方、コレステロールが高い場合などは、すぐ服用するらしいです。
私の場合はあてはまらないので、症状が酷く感じる場合は服用と言われました。
普段通りの生活で良いそうです。

昨年12月には7.7まで上がっていましたが、少し落ち着きました。
食生活など気をつけながら、無理をしない生活を心がけていきたいと思いなおしました。
目に見えないストレスや、
幼少の頃から身につけた考え方は、
内分泌や自己免疫疾患に影響を与える
のでは、という本です。


読んでいると、何度も込み上げるものがあり、なかなか前に進めない事態に。
字が多いので斜め読みでしたが、
自分の抑圧された感情を感じる事になり、数日はしんどかったです。

傷の様子(ビフォーアフター)

甲状腺の記事は今回で最後です。
また何かあれば追記したいと思います。
最後に手術前の首の写真、
現在10ヶ月後の傷跡を載せたいと思います。
お見苦しいですが、ご容赦下さい。

先生にも、綺麗に切って貰えたね、術後の癒着などもなく、結果として手術をして良かったねと言われました。
大きな塊を取り出して、息苦しさやむせる事もなくなったのは、本当に有難い事でした。


長くなりましたが、見て頂きありがとうございました。何かのお役に立てれば幸いです。
















ビフォー



アフター


にほんブログ村 病気ブログ 病気 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ
にほんブログ村