くらし手帖 〜甲状腺腫と子宮筋腫〜

甲状腺腫瘍摘出手術、子宮摘出手術をうけました。その備忘録と、その後の生活を綴ります。

甲状腺機能低下 チラージンを飲む 副作用は?

8月からチラージンを飲み始めました

量は50μgを1日1錠です。
空腹時の起床後すぐに飲みます。チラージンは腸から吸収されるため、空腹時が良いそうです。

飲んだ直後に感じたこと

  • 顔がバーっと熱くなる
  • 手、特に指がジンジン熱くなる
  • まぶたの重みがサーっと引く
  • 顔が痩せた気がする

明らかに違いを感じました。飲む前と後では。
まるでカフェインをとった後のようで
なんだか元気になった気がしました。

飲み始めて2週間たったら

だんだんと、何かおかしいと思うようになりました。
体力的には元気になったのだけど、
しんどいのです。

具体的には、

  • 朝起きるのが辛い
  • 目が痛い 目の奥が痛い 涙がでる
  • 胸がドキドキする
  • 頭痛(眉の上)
  • 動悸
  • 喉(甲状腺の部分)が締めつけられる気がする

こんな感じです。

慣れてないせいだろうと思って
毎日頑張って薬を飲んでいましたが、
あまりにしんどいので
少し休んでみようと思い、
勝手に自己判断で減薬しました。
半分に割って、25μgです。


1週間後、やはり減薬した方が目の奥の痛みも軽くなり、
身体も楽になった気がしたので、
病院に電話で減薬してもいいか聞いてみました。

本来なら医師の指示なしに
勝手に減薬しないでと
受付の方から言われましたが、
先生に確認してもらった所、
あっさりOKが出たようで
そのまま25μgで、次回12月の受診となりました。



(トライを決める?ウサギと見守る文鳥)


本当なら、薬を飲み始めたら1ヶ月で診て欲しいところです。
今回のように量を決めるのも、ホルモン値の様子を見ながらの方が良いと思います。
4ヶ月後というのはちょっと遅いなと思いましたが、今回のようにすぐ電話で確認できた事はよかったです。

採血となると、受診になってしまうので
今すぐは予約いっぱいで診れません、
という事でした。

その病院は甲状腺専門医で最近めちゃくちゃ混むようになったのです。
震災の後くらいからでしょうか。

近くの大学病院の先生でしたが、
開業することになり誘われて私も一緒に移ったのです。
元々東京の甲状腺専門医の非常勤の外科の先生で、
当時はそこに通っていたのですが
あまりに待ち時間が長く地元の大学病院へ紹介された先の先生でした。

開業当時は患者さんも少なくて、
1時間に2.3人の予約しか取らず、
先生もゆっくり診てくれて
話を聞いて下さっていたのだけど…。

今は追われるように診察されていて、
予約を取る方も数ヶ月先。
それだけ、甲状腺疾患がメジャーになってきたのを実感しています。

話が逸れましたが、今はこんな感じで、
チラージンを飲み続けています。
たまにしんどいので、飲まない時もあります。(ダメでしょうけど)

もうすぐ手術から2年。
取ってしまったものは戻らないけど、
自分の身体を受け入れていきたいです。

本当は取らない方が、元気だったなーと
思ってしまいます。
体力が変わってしまったな、と落ち込む時もありますが、
でも放置しても大きくなっていたし
大きなタイミングだったと思い諦めて(笑)
今の自分に向き合いたいと思っています。
無駄な経験はないと信じて…。

にほんブログ村 病気ブログ 病気 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


甲状腺機能低下症ランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村